弊社運用のairBest B&B

会社概要

ご挨拶

日本のインバウンド市場は、昨年(2017年)一年間の訪日外国人は2,869万人、前年比19.3%増と、急成長を続けております。本来、人はホモ・ルーデンス(遊ぶ人)と言われるように衣食住が足りたら娯楽や生活の潤いを求め、とりわけ旅を楽しもうという性質を持っているものであります。江戸時代の庶民が、稲の増産や木綿の普及によって衣食住に困らなくなるやいなや、こぞってお伊勢参りなど旅に出たように、世界の新興国に、衣食住が足りたので次は旅をしよう、という中間層が台頭していることが、インバウンド市場の増大に現れていると見ております。

とりわけ弊社が取り組んでいるマーケットでは、2017年の九州の外国人入国者数が、494万人(前年比32.8%増)、2016年の北海道の外国人来道者230万人(前年比10.6%増)と増勢にあります。
しかしこれに対し、福岡市内のホテル客室数は、2011年に24516室が2015年にも24495室に留まっております。札幌市内でも2010年の25925室が2014年にも25623室で推移しております。
これらの結果、いずれの地域でもホテル不足が著しく、宿泊施設の受け皿づくりが課題となっており、その切り札として遊休不動産を有効活用できる民泊が注目されております。

このため政府も2017年4月には旅館業法を緩和し、2018年6月には住宅宿泊事業法施行を施行する等して、民泊のコンプライアンスの整備に取り組んでおります。
しかし、民泊は近隣住民からの苦情の発生、消防法令への適合、オーナー様にとっては営業日数制限等の課題も抱えているのが現状です。

このような環境の下、日本の民泊のコンプライアンスを弊社が確立し、民泊管理のラストワンマイルは弊社が担うことを使命とし、弊社は「世界の人々が『暮らすような旅』を楽しめる住空間の創造に寄与する」ことを経営理念として、法令遵守の民泊の企画、設営、運営代行業務に取り組んでおります。

適法かつ快適な民泊を創造することは、世界の若者に素顔の日本を見ていただき、日本のファンになっていただくということにもつながります。
政府も国策として、インバウンド市場の拡大に取り組んでおりますが、弊社も、私どもの事業領域から訪日観光客4,000万人の達成に向けて微力ながら貢献してゆきたいと考えております。

代表取締役 社長 黒木 透

【経営理念】

『暮らすような旅』ができる住空間の創造に寄与します。そして、地域に根差した企業活動を通じて経済・社会の発展に貢献します。

【経営目標】

民泊事業の企画立案に携わり、幅広い地域で簡易宿所及び住宅宿泊事業法に基づく宿泊施設の企画運営・設営・代行受託の拡大を目指します。

【倫理綱領】

私たちairBestのメンバーは、民泊代行業の第一人者として掲げる経営理念を実践するために、倫理綱領および行動規範の遵守を業務の基本と位置付け、公正かつ誠実に行動する企業風土をつくっていきます。

  1. 信頼の確立 民泊代行業の責任と使命の重みを認識し、情報管理を徹底するとともに、企業情報を適時適切に開示し、健全かつ適切な業務運営を通じて、社会からの揺るぎない信頼の確立を図ります。
  2. ゲスト及びオーナー本位の徹底 常にお客様であるゲスト及びオーナー本位で考え、十分なコミュニケーションを通じて、お客さまのニーズに最も適合する民泊代行サービスを提供し、お客さまの満足と支持をいただけるよう努めます。
  3. 法令等の厳格な遵守 あらゆる法令を遵守し、社会規範にもとることのない、公正かつ誠実な企業活動を遂行するとともに、事業上関係する国際的基準も尊重します。
  4. 人権および環境の尊重 お互いの人格や多様性が尊重される働きやすい職場づくりを重視するとともに、人類共通の資産である地球環境の保護を重視して、社会との調和を図ります。
  5. 反社会的勢力との対決 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度を貫きます。

【airBestの行動指針】

民泊代行の第一人者としてairBestの経営方針を実現していくために、私達は下記の通り行動指針を設け、メンバー1人ひとりがプロフェショナルとして業務に取り組みます。

私達のビジネスには観光大国の実現という錦の御旗がある。私達の仕事が将来社会にもたらすインパクトを忘れないようにしよう。

浮利を追っても一時的な成功しか得られない。それよりも、お客様からは感謝され、社会から応援していただけるような誠実なビジネスの仕組みを築こう。

大儀を実現するためには、プロフェショナルとして用意を周到にやり抜こう。困難に直面したときは軌道修正をする勇気を持とう。

メンバーの個性を活かし、その力量を結集することでairBestの推進力にしていこう。

【airBestの考え方】

常に改善、常に前進。毎日の小さな改善でも、将来に渡って効果が続くことで千金の利益を生むことを忘れないようにしよう。

airBestは企画と知恵を大切にするプロ集団である。他社の100倍の知恵を出すことで、他社に先んじて確固たる地位を築こう。

airBestがもっとも大切にするのは、お客様であるゲストの満足と、オーナーの収益の最大化である。これを実現するために日々、奢ることなく、誇りを忘れず取り組んでいこう。

激変の環境の中では、スピードが命である。あらかたの勝負はこの2・3年でつく。勝負であるからには勝たねばならなので、airBestは、他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げよう。

会社概要

会社名 airBest株式会社
本社所在地 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル9F G
本社電話 092-412-8600
本社FAX 092-412-8639
札幌支店所在地 〒060-0807 札幌市北区北7条西4-4-1第五北海道通信ビル4階
札幌支社電話 011-738-8600
札幌支店FAX 011-738-8639
資本金 56,200,000円
従業員数 31人(役員・パートタイマー除く)

提携企業

お問い合わせ

airbnbに興味があるがよくわからない、福岡でairbnbをはじめてみたい、airbnbの運用物件を増やしたい、許可物件の情報がほしいなど、airBest、airbnb運営代行の分からないことを解決します、お気軽にご相談ください。

【個人情報を登録いただく目的】
物件運用のご相談を受けるにあたり、お問い合わせ・ご相談への回答、審査の実施、情報の提供を行うために個人情報を収集させていただきます。
個人情報の管理は厳重に行うこととし、あらかじめご承諾いただいた場合を除き、第三者に対し個人情報を開示・提供することはいたしません。

3営業日以内に弊社よりご連絡がない場合、メールが正しく送られていない場合がございます。
その際は、お手数ですがお電話にてご連絡を頂けますと幸いです。

 
PAGE TOP